明治村FC詳細・お申込みページ

2022年 明治村フィールドキャンパス

 

開国後に外国のモノを見よう見まねで作りあげた日本人。
そのクオリティの高さが「日本人」を表します。明治の偉人はどういったものに囲まれ生活したのか。
縄文時代までさかのぼる「日本人」のルーツをたどる旅はここ明治村から始まります。

 

 

 

image-明治村FC詳細・お申込みページ | 鮎川義塾 名古屋熱田校 Top image-明治村FC詳細・お申込みページ | 鮎川義塾 名古屋熱田校 Top

日時

2022年9月22日(木)~23日(金祝)
1泊2日 もしくは 23日のみ

講師

徳山暉純(日産グローバル株式会社 取締役)

参加条件

日産鮎川義塾、関連塾を受講されている方、もしくは塾生紹介の方限定

参加費

一泊二日プラン:74,000 円(税込)
二日目のみプラン:27,000 円(税込)

● 一泊二日プラン費用に含まれるもの
有松絞体験料、昼食、夕食、宿泊料、バス代、鵜飼貸切船、入村料、徳山先生講義代、(23日の昼食は各自実費となります。)など

●二日目のみプラン費用に含まれるもの
入村料、徳山先生講義代、バス代など(昼食は各自実費となります。)

行程概要

【9/22(木)集合時間】  名古屋駅 9時30分
【9/23(金祝)集合時間】  名古屋駅 8時30分

【解散時間】  名古屋駅 18時00分頃

【行程】
● 9月22日(木)
名古屋駅集合~新美南吉記念館~半田赤レンガ建物~有松・鳴海絞り~長良川鵜飼~  宿泊
● 9月23日(金祝)
※22日にご参加の方はホテルより直接明治村へ向かいます。
名古屋駅~明治村(徳山先生の講義を含む)~名古屋駅解散

 

申込期限

9月11日(日)まで

 

 

見どころ紹介

①新見南吉記念館
「ごんぎつね」「手袋を買いに」「おぢいさんのランプ」など、数々の名作の作者として知られる、新美南吉の記念文学館。
童話「ごんぎつね」に書かれた『ひがん花が赤い布のように咲いている』との描写にちなんで育てられた幻想的な300万本以上の彼岸花も見られる。

②有松・鳴海絞り
有松・鳴海絞りの発祥は、慶長年間(1596 – 1615年)
染め上がると雪の結晶のような紋様が浮かび上がる雪花絞りを実際に体験していただきます。

③半田赤レンガ建物
1898年(明治31年)にカブトビールの製造工場として誕生しました。
地方都市・半田から一流ブランドを目指し、果敢に大手ビールメーカーに挑んだ起業家たちの精神を今に伝えています。

④長良川鵜飼
鵜匠が水鳥の「鵜」を手縄で操り、川魚を捕える伝統漁法です。
日本の数カ所で行われている鵜飼のうち岐阜県の長良川(岐阜市と関市)で行われる鵜飼は日本唯一の御料鵜飼を行っています。高級観覧船から鵜飼を間近で体験できます。

⑤明治村
取り壊される運命だった建造物達を、柱一本、レンガ一つにまでバラバラに分解し、番号をふり、「明治村」で建て直すという膨大な時間とお金をかけて移築された、まさに時代を語る命の建物。
江戸時代からの優れた木造建築の伝統に、欧米の様式・技術・材料を融合させた、日本の文化史上極めて重要な文化財。

 

お問い合わせ  鮎川義塾名古屋熱田校
Mail : apply@ayukawa-gijuku.com

 

image-明治村FC詳細・お申込みページ | 鮎川義塾 名古屋熱田校 Top

TOP